骨盤矯正

骨盤の歪みセルフチェック!

骨盤の歪みは、ご自身でチェックすることもできます。

下記の項目で思い当たることがあれば、あなたの骨盤は歪んでいるのかもしれません。

  • 太ももが太くなっている(お尻の筋肉が下がっている)
  • お尻が四角になっている(骨盤が開いている)
  • 下腹部がぽっこり(腹筋のインナーマッスルが弱くなっています)
  • O脚になっている(O脚は骨盤の歪みとセットです。下図)

骨盤が歪むと、全身が歪む

骨盤の歪みは、全身の歪みになります。

腰痛だけでなく、肩こり、頭痛、自律神経、内臓の不調・・・、様々な症状の原因になってしまいます。また女性の場合は、産後に開いた骨盤が戻りにくくなる産後の骨盤の歪みがあります。

当院は、骨盤と背骨の歪みを調整する整体院です。心地良い刺激で骨盤を調整します。

骨盤の歪みに関わる筋肉

横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群のインナーユニット筋

腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)

大臀筋

※上記以外にも、様々な筋肉が骨盤の歪みに影響を与えています。

骨盤矯正の整体

骨盤矯正というと、ボキボキするイメージを持つ人も多いですが、当院の骨盤矯正はボキボキはしません。

軽く揺らしたり、手を当てているだけの、とてもソフトなアプローチになります。とてもソフトなアプローチですが、整体後は骨盤の歪みが改善されています。

また、体の中で骨盤が独立してある訳ではありません。当院の骨盤矯正は、背骨、股関節の調整も同時に行います。

産後の骨盤の歪み

骨盤の歪みを訴えられる方で多いのは、産後の骨盤の歪みです。腰を反らすと痛い、仰向けで寝ると痛みが大きくなる、ムズムズするなどの症状が出ます。

産後の骨盤の歪みの原因

産後の腰痛の大きな原因は、妊娠中お腹が大きくなったことによる、腰椎(腰の骨)の「ズレ」です。そして、骨のズレの原因は筋肉バランスの崩れによります。

妊婦の腰痛、産後の腰痛

骨盤周りの筋肉である横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋が、解剖学的に正しい位置より伸ばされたり縮んだりして、バランスが崩れていることが、腰痛の原因になります。そして、バランスの崩れた筋肉が「骨盤の歪み」を引き起こします。

骨盤と背骨を調整して骨盤の歪みが改善されると筋肉も正しい位置へ戻り、痛みも治まってきます。

下図は、正常時の骨盤周りの筋肉のバランス

インナーユニット

産後の腰痛時の骨盤周りの筋肉のバランスは、重心が前に移動して「反り」が大きくなっています。

下図は産後に歪んだ(反り腰)になった骨盤周りの筋肉のバランス

産後の腰痛

産後の骨盤矯正の整体

当院の産後の骨盤矯正の整体です。

・産後に開いた骨盤(緩んだ筋肉を引き締める)を閉めていく調整になります。

・産後には、ホルモンのバランスの変化、ストレス等からも体調を崩しやすいです。「産後うつ」なんて症状もあります。背骨の調整は、自律神経、ホルモンのバランスにも良い影響があります。

・整体後に正しい姿勢の練習を行います。産後は骨盤が開き、姿勢も歪んでしまいます。正しい姿勢を練習することで、骨盤の歪みを早く改善することができます。また、姿勢の練習は自宅でも出来るので、セルフケアにも最適です。

骨盤矯正は、全身の姿勢矯正です

整体院で骨盤矯正しても、姿勢が悪いとまた歪みが戻ってしまいます。そのため、ブナの木整体院では、必ず姿勢矯正を行い、正しい姿勢の練習をします。これで良い姿勢がしだいに定着するようになり、骨盤が再び歪むことの予防になります。

また、骨盤だけが独立したユニットとしてあるのではなく、当然ながら背骨や脚とつながり、全身と連動しています。骨盤矯正で大切なのは、骨盤だけではなく、背骨を中心とした全身の姿勢矯正なのです。