膝の痛み(変形性膝関節症)

変形性膝関節症の症状

動かした時、膝関節に痛みが出ます。(立ち上がり、歩行時、階段昇降時、正座、または正座ができない)
膝関節のはれ(腫脹)。(水がたまる、関節包の肥厚)
大腿四頭筋の萎縮、筋力低下。

はれ、痛みが出る場所

(illustration by フリーメディカルイラスト図鑑)

膝の痛みに関係するのは、大腿四頭筋

下記のイラストにあるように、骨盤や大腿骨から、膝を通って脛骨(膝の下の骨)までつながっています。
この筋肉が元気だと、買ったばかりのサポーターみたいに、膝をしっかり守ってくれます。
サポーターが弱くなり「だらんと」してしまうと、膝を守る役目が出来なくなってしまいます。

O脚と変形性膝関節症

特に、O脚の方は、下図の筋肉(内側広筋)に萎縮が現れやすいです。

足の外側にある大腿筋膜張筋は力の強い筋肉なので、外側に引っ張られてO脚になってしまいます。

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症とは膝関節という関節の炎症です。
膝関節の疲労や、関節の使いすぎなどが原因で発症します。
また体重が多くなれば、それだけ膝に負担がかかります。

当院の膝の痛みの施術

膝に「水」が溜まるのは、膝関節が炎症を起こしているからです。
炎症を治療するには、体の治癒力が必要です。
当院では、背骨の調整を行い、脊髄神経の流れを良くすることで、体の治癒力を引き出します。
(膝にも足にも触らずに、はれと痛みが変化するので、皆さん驚かれます)

また、変形性膝関節省の方は、「隠れ腰痛」がある方がほとんどです。
つまり骨盤にも歪みがあるので、施術後は姿勢の矯正が必要になります。