肩こり

このような症状でお悩みではありませんか?

肩が痛い、重苦しい、首、腕、背中に痛みがある、などの症状でお悩みではありませんか?(しびれがある場合は、頸椎の神経根症かもしれません)

症例

デスクワークの30代女性Sさん。最初の問診時のお話しでは、肩こりの他に、首の痛み、背中の痛み、頭痛も時々あるということでした。また猫背姿勢も改善したいということでした。

デスクワーク時の姿勢を再現して頂くと、Sさんの作業姿勢は下図のようになっていました。

デスクワークで猫背姿勢のイラスト
(池田書店「腰痛を治すからだの使い方」より)

当院で行っている「肩の筋肉の検査」(この検査は、全ての症状の人に行います)で、肩の筋肉を検査してみると、特に右の肩がパンパンに張っていて、指がはじかれるようでした。

施術後に検査すると、まだ「芯」のようなものが残っている感覚があったのですが、Sさんからはだいぶ軽くなったとおっしゃって頂きました。一度にあまり変化を出しすぎても、だるさや眠気等で体は辛くなります。

Sさんの肩こりは、5回でほぼ気にならなくなったようでした。現在は、月一回のメンテナンスで、こまめに背骨の歪みを調整することで、肩の辛い症状が再発するのを予防しています。

原因

肩こりの原因となるのは、日常の姿勢(動作)とストレスによる血行不良です。

肩こりが発生する順番は、日常の姿勢(動作)とストレスから、肩の筋肉の緊張→血液循環の悪化→乳酸などの老廃物がたまる→肩こり、となります。
脳が肩こりを検知すると、再び肩の筋肉の緊張→血液循環の悪化→乳酸などの老廃物がたまる→肩こりの継続という悪循環が続いてしまいます。この悪循環があるので、肩こりは揉んでも治らないのです。

肩こりは骨盤から

肩が凝っている時、肩もみやマッサージしてもらうのはとても心地良いですね。でもそれは、対症療法といって、肩もみやマッサージで肩こりの再発を予防することはできません。また肩もみやマッサージを繰り返すと、筋肉がだんだん固くなってしまいます。

肩こりを放置しておくと、腰痛になる人が多いです。肩こりを楽にするには(肩の力を抜くには)、骨盤が正しい位置にあることが大切です。(下図)

当院では肩こりの整体後に、肩こりになりにくい姿勢の練習を行います。

肩こりの整体

  • 背骨の調整
  • 骨盤の調整
  • 姿勢の矯正

背骨と骨盤の歪み調整で神経の流れを良くすること。(←これだけで、もみほぐしを行わなくても、肩の筋肉が柔らかくなるので、皆さん、驚かれます)

加えて姿勢を矯正すること。慢性の肩こりのある人は、猫背姿勢の人がとても多いです。体の歪みを調整して、姿勢を改善すること。

これが肩こりを「根っこ」から予防する根本療法になります。肩こりが楽になるだけでなく、肩こりになりにくい体質になるということです。