肩もみ職人になろう講座

あなたの大切な人は、肩こりで苦しんでいませんか?

そして、時々「肩もみ」してあげることはありませんか?
でもあんまり効かなかったり、逆に痛くなってしまいましたと言われませんか?
それは、とても残念なことと思います。

ありがとう、の代わりに「肩もみ」

大切な人に、いつも感謝の気持ちでいっぱいなのに、それを伝えるのはちょっと照れくさい。
そんな時、ありがとうの言葉の変わりに「肩もみ」はいかがでしょうか。
ありがとうの言葉と一緒なら、もっと素晴らしいですね。
上手に肩もみができたら、あなたの感謝の気持ちを、よりたくさん伝えることができるでしょう。

心構え編・いたわりと敬意

ネコ記者ネコ記者

肩もみで一番大切なことは?


整体師整体師

心構えです。相手をいたわり、敬意を持って接することです。


ネコ記者ネコ記者

肩もみでしてはいけないことは?


整体師整体師

「力押し」です。相手の肩も自分の指も壊れてしまいます。

実技編その1・施術者の姿勢

整体師整体師

肩もみも姿勢が大切です。


ネコ記者ネコ記者

肩もみする人される人、両方の姿勢ですか?


整体師整体師

はい。特に肩もみする人は良い姿勢で。伝わる力の質が違います。


椅子に座った良い姿勢

実技編その2・腕の長さをちょうど良く

整体師整体師

腕をちょうど良い長さにしましょう。


ネコ記者ネコ記者

肘を伸ばさない、縮みすぎないということですか?


整体師整体師

はい。字を書く時の腕の長さぐらいがちょうど良いでしょう

実技編その3・手のひらを密着させましょう

整体師整体師

下図のように手のひらを密着させましょう。


ネコ記者ネコ記者

密着させるとどうなりますか?


整体師整体師

伝える「圧」が安定するので、心地良いです。

肩もみの手の画像2

整体師整体師

下図のようだと、棒で押しているみたいで痛いです。

肩もみの手の画像1

実技編その4.手の指先を当てないようにしましょう。

整体師整体師

手の指先を当てないようにしましょう。

肩もみの手の画像3

整体師整体師

下図ように、少し指先を反らすぐらいでちょうど良いです。

肩もみの手の画像4

実技編おまけ、肩もみの前に「腕もみ」しましょう

整体師整体師

肩こりが上手になったら、腕もみにもチャレンジしてみましょう。


ネコ記者ネコ記者

肩がこっているのに、腕をもむのですか?


整体師整体師

そうです。腕が軽くなると肩も軽くなりますよ。

ブナの木整体院の営業のご案内や、ご予約、お問い合わせはこちら「営業のご案内」からどうぞ。