頸椎椎間板ヘルニアの症状と原因、施術

頸椎椎間板ヘルニアは、首のヘルニア

整体院にいらっしゃる患者さんの中では、腰のヘルニアほど割合は多くありません。
腰と首の構造の違いで、首の方が、髄核が飛び出しにくい形状になっているからです。
腰椎椎間板ヘルニアと同じように、髄核が神経根に突出して、神経根が圧迫されて炎症を起こします。(下図、赤い部分が髄核)

keitui-zuikaku

頸椎椎間板ヘルニアの症状

神経根が圧迫されて炎症を起こした場所により、様々な症状があります。

・首、肩
首の痛み、肩甲骨の痛み、胸の前の痛み

・腕
痛み、しびれ、だるさ、筋力低下

・頭部
後頭部の痛み、眼精疲労、耳鳴り

また、脊髄が圧迫されると下肢に症状が出ます

・下肢
歩行障害、尿コントロール障害

頸椎椎間板ヘルニアの原因

・加齢による変化
・急激な運動や転倒などによる負荷
・不良姿勢(作業姿勢)による疲労と負担の蓄積

ブナの木整体院での整体施術

腰椎と胸椎の矯正によって、頸椎には触らずに、頸椎の緊張した筋肉をゆるめていきます。
ゆるめると、患部の血液の循環が良くなり、自然治癒力が働きだします。
また、姿勢の矯正は、当然ながら「首の姿勢」だけでなく、
「背骨全体」の姿勢の矯正が大切です。
首(頸椎)は、背骨の一部ですから。

まずは、現状より悪化させない正しい姿勢を取り、患者さん自身の自然治癒力を高める施術をします。
神経根の炎症が原因なので、対処療法ではなく、炎症を治癒させる自然治癒力が働かせるような根本療法でないと、なかなか状態が良くなりません。

背骨の中の頸椎