胸郭出口症候群の症状

慢性的な肩こり感。
腕から手にかけてのしびれ。
肩から腕にかけてのだるさ、脱力感。
手のひらに力が入りにくい。
手足の冷えやむくみ。
胸の痛み。

特定の作業や動作、姿勢でいつも症状が出る。
重い物を持つと症状が悪化する。

胸郭出口症候群の出る箇所

下記のように、腕神経叢や鎖骨下動脈などの神経や血管が、筋肉のコリなどによって圧迫される。
(下図は、斜角筋という筋肉が原因で神経と血管が圧迫されています)

胸郭出口

神経や血管が「斜角筋」や「小胸筋」によって圧迫されて、下図のような箇所に症状がでます。

 

胸郭出口症候群の出る場所

 

胸郭出口症候群の原因

姿勢、筋肉の過緊張など。
なで肩の人が発症しやすい。(特に女性が発症しやすいのは、女性の方が、胸郭出口が狭いため)
これは姿勢というより体型ですが、なで肩で鎖骨の端が下に引っ張られることにより、ストレートネックや猫背等の姿勢にもなりやすいです。

それと、胸郭出口症候群は、「血液の循環不良」「過緊張」などが原因の症状なので、ストレスの影響も少なくないのではないかと思います。

ブナの木整体院での整体施術

施術アプローチは「頸肩腕症候群」と同じになります。
(鎖骨のセルフケアがちょっと違います)

背骨の矯正を中心とした姿勢の矯正で、血液の循環を良くするとともに、筋肉の緊張を解放します。
筋肉の緊張の解放とは、筋肉を緩ませることです。
いわゆる「もみほぐし」も筋肉を緩ませる効果がありますが、筋肉は解剖学的に正しいバランスになると、自然に緩みます。

自然に緩んだ方が、安全で効果が長続きします。
ただ「もみほぐし」時のイタ気持ち良いという感覚は、実際の筋肉の変化よりも、脳に心地良さを感じさせるという意味では、ストレスの強い方にはとても効果的です。
当院では、各症状に合わせて施術のアプローチを行います。

また、当院のセルフケアである、頭蓋骨と首の「境目」の温め、コア腹式呼吸法も、整体の効果を長続きさせて、早期回復を目指すにはとても効果的です。