腰椎椎間板ヘルニアの症状、原因、施術

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰痛、脚の痛み、しびれなど。
椎間板ヘルニアの発症する箇所により、症状のでる箇所が違います。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

椎間板の一部が外部にもれて神経を圧迫し、炎症を起こします。
圧迫だけでは痛みは起こりません。
圧迫による炎症によって痛みが現れます。


ということは、レントゲンでヘルニアにはなっているけど、痛みが全然出ない、
または、ヘルニアになっている箇所と神経支配の違う場所に痛みがでるという場合もあります。

ヘルニアなのに、全く痛みが出なくて、自然治癒している、なんてこともあります。
また、腰痛持ちでヘルニアと診断されたけど、原因は別にあったということは、整体院では珍しくありません。

ヘルニアは、下図、神経根が炎症を起こしています。
ヘルニアになっている図

腰椎椎間板ヘルニアの痛みの出る場所

ヘルニアの発生部位により、坐骨神経痛の出る部位や、動きの制限が違います。
腰椎の4番と5番椎間のヘルニアの場合は、

第4、第5間のヘルニア

臀部から下肢の外側にかけて痛みが出ます。

痛みの分布1

また、かかと歩きができません。
かかと歩き

腰椎の5番と仙骨椎間のヘルニアの場合は、

腰椎5、仙骨間のヘルニア

臀部から脚の真後ろにかけての痛みが出ます。

痛みの分布2

つま先歩きができません。
つま先歩き

ブナの木整体院での整体施術

背骨を中心とした、姿勢の矯正を行います。
腰椎椎間板ヘルニアの場合、腰椎が患部になるので、腰椎へのアプローチは痛みを感じない程度の「圧」になります。
不安になるぐらいの弱いアプローチですが、心地良さを感じる程度の施術でないと、体の中の自然治癒力が働かないためです。
炎症を治療するのは、患者さんの自然治癒力なので。

痛みが楽になったら、正しい日常姿勢の習慣づけを行い、早期回復と再発防止を致します。

また、圧痛や関節可動域の検査により、施術前後の変化をご確認頂けます。