レントゲンで異常なしの腰痛(筋・筋膜性腰痛)

筋・筋膜性腰痛の症状

筋・筋膜性腰痛は、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰椎すべり症など、骨や神経が原因以外の腰痛の症状です。
レントゲン検査でも、異常なしの診断が出ると思います。

いわゆる腰痛症で、鈍い痛みを伴いますが、急性の場合(いわゆるギックリ腰)は、時間とともに痛みが強くなる傾向があります。

下記の領域に痛みが出ます。

筋・筋膜性腰痛の図

筋・筋膜性腰痛の原因

腰背部の深背筋である脊柱起立筋が原因であることが多いです。
長時間前傾姿勢でパソコン画面に向かっている時などは、この脊柱起立筋(下図)が酷使されます。

棘筋最長筋腸肋筋

例えば下図のような猫背姿勢では、

筋・筋膜性腰痛と姿勢
背中と腰が丸くなり、腰の筋肉が、上にも下にも引っ張られて伸ばされています。
さらに、お尻の筋肉が、椅子と坐骨にはさまれているので、腰への血流がますます悪くなり、疲労物質がたまり痛みが出やすくなるのです。

 ブナの木整体院での整体施術

上の図で言うと、足の裏、ふくらはぎ、太もも裏(ハムストリング)におそらく圧痛(押すと痛い)があるはずです。

ブナの木整体院では、骨盤と背骨を調整することで、筋肉の圧痛を取り除きます。
また、骨盤と背骨の歪みが改善されると、神経と血流の流れが良くなり、自然治癒力が高まります。
自然治癒力を高まると、症状の回復が早まるので、これが根本療法なります。

加えて、再発防止と早期回復のために、姿勢の矯正も行います。