坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛とは、病名ではなく症状です。

坐骨神経は、腰から骨盤を通り、太もも裏、膝下、足裏まで続く、体の中でも最も太い神経です。
坐骨神経痛は、この坐骨神経が分布する領域で痛みやしびれなどが生じます。

痛みやしびれだけでなく、足の筋力が低下したり、まひを起こしたり、脊柱管狭窄症が原因の場合は、歩いている途中で歩きにくくなったり歩けなくなったり(間欠性跛行)という歩行障害が出る時もあります。

 

坐骨神経痛の原因

腰やでん部(お尻)で、神経が圧迫されることによって炎症を起こします。
神経が圧迫される主な疾患には、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎の分離・すべり症、梨状筋症候群などがあります。

当院の坐骨神経の施術

坐骨神経痛は腰から下の症状ですが、当院では骨盤と背骨を調整をすることで、坐骨神経痛の炎症を改善していきます。

でも、なぜ背骨の調整が大切なのでしょうか?

下図のように、末梢神経である坐骨神経は、中枢神経のある背骨から出ているからです。

川の流れで言うと、背骨の神経が「本流」だとすれば、座骨神経は「支流」になります。
本流の流れが悪いと、支流である坐骨神経の流れも悪くなります。
流れが悪いと、炎症の治りも遅くなってしまうのです。

背骨を調整することが、坐骨神経痛の流れを良くし「根本療法」となります。

全身に広がる神経網のイラスト
(講談社 からだの地図帳より)