ストレスで胃が痛い(機能性胃腸症)

私の整体院には、胃の痛みでいらっしゃる方が少なくありません。
整体院で胃痛?と思うかもしれませんが、施術後は少しづつ胃の痛みが緩和されていきます。

機能性胃腸症

胃の痛みの場合、まずは専門の医師に検査と診断を受けると思います。
それで、検査しても異常がない原因不明の場合、整体にいらっしゃいます。

医師の検査で、潰瘍やがんなどの器質的な異常が無い場合の胃の症状を、「機能性胃腸症」と言います。

整体院で胃痛が緩和

なぜ整体院で胃痛が緩和されるのでしょうか?

根拠は2つあります。
自律神経と姿勢です。

ストレス(自律神経)と胃痛

ストレスで胃が痛いという症状は、経験された方が多いのではないでしょうか。

ストレスと胃痛は、自律神経を介してとても関係深いのです。

過剰なストレスがある

自律神経の交感神経が優位になる

胃の粘膜にある血管の収縮と拡張

胃酸が胃粘膜にダメージ

背骨の歪みが調整されて自律神経のバランスが良くなれば、胃酸の出すぎを抑制できます。

姿勢と胃痛

骨盤が後ろに倒れた姿勢、特に猫背や巻き肩姿勢の人は胃に痛みがでやすくなります。
実際にこの姿勢で座ってみると、内臓に圧迫感を感じると思います。

事実、猫背や巻き肩姿勢の人は、胃の調子が悪いと訴えられる人が多いです。

姿勢が良くなれば、内臓が圧迫から解放されます。

下記は、内臓が圧迫されている姿勢。

姿勢が悪い女性のイラスト

下記は、圧迫から解放された姿勢。

姿勢が良い座り方のイラスト

ブナの木整体院の機能性胃腸症の施術

  • 頭蓋と背骨の調整。(自律神経の調整)
  • 経絡(けいらく)の調整。脚の経絡調整で胃腸が動きだします。
  • 姿勢の矯正と胃の痛みのセルフケアの紹介、生活習慣のアドバイスなど。