冷え症に腹巻き療法

ブナの木整体院の整体は背骨の歪みを取り、自律神経のバランスを良くする整体です。
なので自律神経が原因の冷え症にも、相性の良い整体です。
(交感神経が強すぎると、血管が収縮して、冷えの原因になります)

自律神経の症状がある人は手足が冷たい人が多いので、セルフケアとして、即効性があって簡単にできる冷え対策として、腹巻きをお勧めしています。

ただ私自身は腹巻き使ったことなくて、使ったこともないのに人様に勧めるのは無責任かと思っていました。
そんな訳で、先日腹巻きを購入してみました。

腹巻きの画像

まあ、LLなんですけどね。(笑)

「手足の冷え」になぜ腹巻き?

手足が冷えるからと言って、例えば寝る時に靴下をはいて寝ても、なかなか冷えは改善できないのではないでしょうか?
それは人間の体はまず内臓を温めようとするので、お腹が冷えていると、末端である手足には十分な熱が行き渡らなくなってしまうからです。

冷え性のイラスト

そこで、腹巻きです。
腹巻きでお腹を温めれば、体全体に熱が行き渡るようになるのです。

腹巻きする女性のイラスト

腹巻きの効果

腹巻きすることで得られる効果をまとめてみました。
特に女性に嬉しい効果が多いのではないでしょうか。

手足の冷え(末端冷え症)
お腹を温めることで、末端まで熱が届きやすくなります。

下半身のむくみ
血行が良くなれば、むくみの改善にもなります。

免疫力の向上
体温が上がれば免疫力も上がります。風邪などの病気になりにくくなります。

肌荒れ
老廃物を輩出しやすくなるので、肌が綺麗になります。

ダイエット
体温が上がれば基礎代謝も上がるので、消費カロリーが増えます。

便秘、下痢
腸を温めるので、直接的に効果があります。

※その他にも、体に(心にも)嬉しい効果がたくさんあると思います。

締め付けないサイズにしましょう

スタイルを気にしている人は、小さめサイズの腹巻きをして、細く見せたいと考えるかもしれません。
私もそう思いましたよ。(-_-;)

ですが、お腹が締め付けられると呼吸が浅くなり、ストレスがかかります。

なのでサイスは、お腹を「ふわりと包み込む」ぐらいが良いと思います。

お腹が温かいと、なんだか幸せです

腹巻き、まだ数日しか使っていませんが、とても快適です。
大げさな表現でいうと、お腹が温かいと、ちょっとした幸福感を感じます。

たとえば、おいしいものを頂くと、自然と笑顔になりますね。
そんな感じで、お腹が温かいと、自然と笑顔になります。
自然と笑顔になっている時って、脳と体の中では、良いことがいっぱい起きているのです。

ただ腹巻きするだけの「腹巻き療法」、ぜひ試して欲しいです。