自律神経と呼吸

当院には、自律神経の症状でいらっしゃる方も多いです。
お話しをお聞きすると、通院している医師に「呼吸法」を指導される事もあるようです。

実際にそういった「呼吸法」を見せてもらうと、皆さんあまり深い呼吸ができていないようです。

なぜ呼吸法を実践しているのに、呼吸が深くならないのでしょうか?
それは、呼吸に関連する筋肉、「呼吸筋」がそもそも硬くなっているからです。

呼吸筋

呼吸筋の画像
(医道の日本社 「身体運動の機能解剖」より)

呼吸筋を緩める、シクソトロピーストレッチ

呼吸筋を緩める方法は、呼吸筋のストレッチが一番簡単です。
当院では、呼吸筋を緩める「シクソトロピーストレッチ」をおすすめしています。
(私自身も毎日行っています)

下記は、シクソトロピーストレッチの本。
「呼吸を変えるだけで健康になる 5分間シクソトロピーストレッチのすすめ」

呼吸を変えるだけで健康になるの本の画像

背骨の矯正で呼吸が楽に

当院の背骨の矯正でも、呼吸筋が楽になります。
背骨(胸椎)から呼吸筋への、神経の流れが良くなるからです。

施術後に、上記のシクトロピーストレッチも行います。
さらに呼吸が深まり、セルフケアもできるようになります。

呼吸を観察

呼吸は意図しなくても起こっている。
身体のなかの知性が起こしている。
あなたはそれを観察するだけ。
緊張も努力もいらない。
それから呼吸の短い中断に注目してみる。
とくに息を吐き終わったあとに、再び吸うまでのわずかな中断を観察しよう。
(エックハルト・トール「ニュー・アース」より)

呼吸筋を緩めたら、呼吸を観察してみましょう。
ほんのひと呼吸でも、呼吸を観察している間は、ストレスは消えています。