自然治癒力を信頼する

病気がちな人なら、私の自然治癒力はどうなっているのだろう?そもそも私には自然治癒力なんてあるのかなあ、なんて思ってしまうかもしれませんね。

自然治癒力が全くない、なんて人間はいません。
何か原因があって、自然治癒力の働きが悪くなっているだけです。

自然治癒力の働きが悪くなる原因は何でしょうか?

整体師である私は、「体の歪み」だと思います。
体が歪むことによって、神経伝達がスムーズにいかなくなり、治りが遅くなってしまうということです。

神経網の画像
(講談社「からだの地図帳」)

それからもうひとつ。
それは「心の状態」が影響するということ。

これは、たくさんの患者さんと接する中で感じたことです。
いわゆるネガティブ思考、ポジティブ思考と言われることですね。
一般的にポジティブ思考の方が症状の回復が早いと言われていますが、私もそう思います。

ポジティブ思考を具体的に言うと、自分自身の自然治癒力、治る力を信頼する、ということです。

でも長い間信頼するということをしていないと、信頼ってどういうふうにするんだっけ?となるかもしれません。(笑)
そういう時は、気持ちが入っていなくても、とりあえず言葉に出してみると良いと思います。

「私は、私の自然治癒力を信頼しています。」

何度も繰り返して言葉にすると、そのうち気持ちが入ってきます。

そうすると、自然治癒力がばりばり働きはじめるでしょう。

ばりばり仕事のイラスト