自律神経の乱れと坐骨神経痛

ブナの木整体院には、「自律神経の乱れ」と、「坐骨神経痛」で通われている方が多いです。

どちらも「神経」が原因ですが、メインとなる施術は背骨の矯正で共通しています。

「自律神経の乱れ」の方は、副交感神経が弱くなっている方がほとんどなので、頭蓋骨の矯正によるリラクセーションの施術を加えます。

「坐骨神経痛」の方には、該当する経絡(けいらく、ツボの並んだライン)の調整や、ストレッチなどを行います。

自律神経の乱れによる不定愁訴や、坐骨神経痛のしびれは、通常なかなか改善が難しい症状です。
当院の施術でも、正直申しまして、1回の施術で症状が改善するということはあまりありません。

通われる間隔で個人差がありますが、数回通っていただくと、皆さん症状の変化を実感されるようです。

背骨と「中枢神経」

下図は、「全身に広がる神経網」の図です。

神経網の画像
(講談社「からだの地図帳」より)

神経には「中枢神経」と「末梢神経」があります。

「中枢神経」とは「脳」と「脊髄」で、生命維持の中枢です。

背骨の上には、「脳」があり、背骨の中には、「脊髄」があります。
ですから、心身のコンディションのために、背骨がとても大切なのです。

背骨の画像

ブナの木整体院は、なぜ「根本療法」なのか?

当院は、自然治癒力を引き出す「根本療法」になります。
なぜ、背骨の歪み矯正が「根本療法」なのでしょうか。

背骨の歪みが矯正されて柔軟になると、全身の神経伝達がスムーズに

神経伝達がスムーズになれば、自然治癒力が働く

自然治癒力が働けば、脳が様々な症状を治しはじめる

根本療法

※ちなみに「自律神経」と「坐骨神経」は、どちらも末梢神経になります。