偽坐骨神経痛

当院は「坐骨神経痛」で来院される方も多いですが、いくつかの検査を行い症状を確認すると、実は「坐骨神経痛」ではなくて「偽坐骨神経痛」なのでは?という方が多いです。

偽坐骨神経痛のイメージ

(写真 医道の日本社 「ニューロマスキュラー・セラピー」より)

上記の図のように、小殿筋は、骨盤から出ている足の骨のやや前上に付いている筋肉です。
小殿筋の上には、中殿筋、大殿筋が重なっています。
ということは、お尻の筋肉の一番奥になる筋肉ですね。

「偽坐骨神経痛」はこの小殿筋という筋肉が異常が、脚の外側に「関連痛」を起こすということです。
坐骨神経痛が神経の炎症なのに対して、偽坐骨神経痛は筋肉の関連痛になります。

患者さんにしてみれば、診断名なんかどうでもいいから、症状を楽にして欲しい。ということだと思います。私もそう思います。
坐骨神経痛も偽坐骨神経痛も、背骨の矯正による「根本療法」が必要なのは同じです。
そして、日常的な姿勢の矯正が症状の改善を早めるということも同じです。

ただ、偽坐骨神経痛の場合、小殿筋というターゲットとなる筋肉が明確になので、施術による小殿筋へのアプローチやストレッチが有効です。
そして、神経の炎症より筋肉の関連痛の方が、一般的には症状の改善が早いようです。
(なお坐骨神経痛については、こちら、「坐骨神経痛の症状と原因、施術」もご覧下さい)