整体の可能性について

今年を振り返ると、整体の可能性について、期待を抱きたくなる事例がたくさんありました。

  • 指を怪我した甥っ子は、病院のリハビリの他に整体をプラスして、関節の可動域がぐんと広がりました。
  • 緑内障の友人は、2か月に一度の医師の検診で、眼圧が安定していると言われるようになりました。
  • 捻挫の後2週間後に来院した小学生の男の子は、残っていた痛みが翌日にはほとんど無くなったそうです。
  • 肩こりと冷え症で定期的に通院されている女性は、不妊治療を経てご懐妊されました。
  • むちうち症で自律神経失調症になった女性は2回の施術で改善しました。
  • 整体で血圧を下げた男性は、現在も血圧が安定しています。
  • 「小顔効果」は意外にも男性からの報告が多かったですが、これは男性の方が顔が大きいからですね。
  • 肩こりや腰痛で来院を続けたら、ダイエットに成功した、やせた、という報告は多数です。

外傷、捻挫、不妊、体質改善、美容、ダイエット

整体と言えば、メインの患者さんは、慢性症状の方です。
肩こり、腰痛、膝痛、坐骨神経痛、五十肩などなど。

こういった慢性症状の患者さんだけでなく、上記のように、外傷、捻挫、不妊、体質改善、美容、ダイエットなど様々な事例で、患者さんが良い結果を出して下さいました。

これは、患者さんの自然治癒力が目覚めた→「治るスイッチON」になったということです。
そして「治るスイッチ」は「夢をかなえるスイッチ」でもあるんだなと思いました。

しかし、上記のように良い結果が出る前に、途中で離脱してしまった患者さんがいることもまた事実です。
これは、整体師である私の責任です。
もっと信頼される整体師を目指して、精進するしかありません。

皆さま、年末年始はいかがお過ごしですか?
私は愛読書の「ピラティスマスタリー」とともに、自主トレします。
良いお年を!

ピラティスする人のイラスト