施術後のリアクションについて

私の体験談

数年前の私はひどい花粉症で、咳止めの吸入薬を使うほどでした。
ちょうど花粉症の最中、東京で整体セミナーがあったので参加しました。
そして、手技の練習台として、10人ぐらいから集中的に整体を施術されました。

山形に帰ってきて、2、3日、体がだるくてしょうがありませんでした。
頭もぼーっとした感じです。
これがいわゆる好転反応というもの?
施術後のリアクションが出たな、と思いました。

でもさらに2、3日後、花粉症がすっかり治まっていることに気が付いたのです。
咳が全然出なくなりました。
それ以来、現在に至るまで、咳止めの吸入薬は一回も使っていません。(実話です)

整体の後、痛みが出ました

施術後に一時的に痛みが強くなった、と患者さんに言われたことがあります。
古傷に痛みが出た、お腹が緩くなった、だるさが出たと言われたことも。
また正しい姿勢になったことで、今まで使わなかった筋肉を使うので、筋肉痛になったという報告もありました。

整体の施術後に、そんな辛い思いをしたのに、どうしてまた整体院に通ってくれるのでしょうか?
それは、そういう施術リアクションの後に、体が楽になったのを、皆さん実感なさったからです。
(ちなみに当院では、「もみほぐし」はしないので「もみ返し」は起こりません)

自然治癒力は「ルンバ」

当院では、患者さんの自然治癒力を引き出すことが施術の目的になります。
患者さんの治るスイッチがONになれば、その後の治癒はオートマチックです。
掃除機で言えば「ルンバ」です。
自然治癒力が、現在の辛い症状だけではなく、体の隅々まで治そうとします。

その際、中途半端な状態のまま放置されていた古傷等も治そうとするので、思わぬ症状が出ることがあります。(全く出ない人もいます)
それが施術後に出るリアクションです。

自律神経のバランスが乱れている人、慢性期間の長い人、重症の人が施術リアクションが出やすい傾向にあるようです。
これは治る過程のことなので、心配はいりません。
自然治癒力がしっかり働いているということです。
その後に体が楽になります。