整体の施術間隔

ブナの木整体院では、現在の患者さんのお体の状態から、施術間隔をご提案しております。
患者さんのお体の状態は、整体の検査で判断します。
きちんと検査をしてから施術間隔をご提案決することで、患者さんにもご納得いただける施術間隔になります。

例)前回の検査では痛みがあったけど、今日はあまり痛みが無い。→前回は1週間後だったのを2週間後に施術間隔を空ける、ということになります。

ただし、施術間隔のご提案はしますが、最終的には患者さんご自身がお決めください。
また、仕事のスケジュール等で、施術間隔が空いてしまっても大丈夫です。
多少遠回りになるかもしれませんが、ご自身の「快適な施術間隔」であきらめずに改善を目指しましょう。

短い期間で症状を良くするには・・・

70代男性Sさんの例です。

Sさんは長年の体の酷使で、腰の骨が変形して、腰と膝に痛みがありました。

Sさんの日課は、当院から割と近くの「成安温泉」に入浴しに行くことでした。
(初回の整体後に、これから風呂に行くとおっしゃっていたので、どちらかと言えば、整体→入浴より、入浴→整体の順番の方が体は楽です、とお伝えしました)

Sさんの症状と施術間隔は「3日後」を目安にとお伝えしました。ですが、本人から翌日も来たいという申し出があったので、そうしましょうと言うことになりました。「成安温泉」→「ブナの木整体院」がSさんの日課になりました。それが5日間続きました。それから、中1日が5回ありました。

その結果、Sさんを長年悩ませていた症状はわずか2週間ほどで、ほぼ消失しました。
現在は半年に一度ぐらいのペースで、メンテナンスで通っていただいています。

症状の改善を、なるべく低コストで

Sさんが症状を改善するためにかかった整体院のコストは、10回分の料金ということになります。
期間は2週間ほどでした。もしSさんが月に一度ぐらいのペースで10回通ったとしたら、今回のような劇的な改善はなかったと思います。
月に一度なので期間も約1年かかることになります。

症状を早く改善するには、施術間隔を短くするということです。
それが結果的に整体院に通う回数を少なくします。
(Sさんはリタイア後ということで、通いやすい環境にありました。Sさんのように毎日通える人はまれですが、参考のためにご紹介しました)