上手な(お得な)整体の受け方

私は整体の仕事をしていますが、整体やマッサージなどを受けるのも大好きです。
仕事がら勉強のためもありますが、それを抜きにしても、施術を受けるのが純粋に好きなのです。

で、今日はそんな私が長年の整体受け歩きから得た、上手な整体の受け方を紹介します。

心ここにあらずは、すごくもったいない

例えば夕食の時、あなたは高級な料理、例えば米沢牛のステーキを食べています。

米沢牛のステーキイラスト
その時、あなたは頭の中で、今日の仕事の失敗したことを思い出して、ああすれば良かったこうすれば良かったと考え始めるとします。
思考は止めようと思わないと止まらないので、どんどん続いていきます。

これがいわゆる「心ここにあらず」状態ですね。
感覚(味覚)が留守になっているので、あなたはせっかくの米沢牛のステーキの味を味わうことができません。
とても、もったいないですね。

整体やマッサージを受けている時もこれと同じなのです。
頭の中で思考が続いていると、整体やマッサージを「味わう」ことができません。

米沢牛のステーキと整体の違い

ここで米沢牛のステーキと整体の違いがあります。
米沢牛のステーキは、たとえ味わうことが出来なかったとしても、胃に流し込めば食べるという目的は果たすことが出来ます。

ところが整体の場合は、「心ここにあらず」状態では、整体の目的である、肝心の体の変化にたいする「効果」も薄れてしまうのです。
「心ここにあらず」状態の思考モードでは、頭に血液が集中して、体の筋緊張が解除されないということが起こっています。

思考モードから体モードへ

私は整体やマッサージに行き、施術ベッドに横になると、施術者の手が触れる感覚に、すぐに意識を集中させます。
その瞬間、思考モードから体モードに変わるので、思考はストップします。

思考がストップして施術者の手が触れている部分に意識を集中すると、その部分の血流が良くなるので、筋緊張が容易に解除されて、体がとてもリラックスします。
リラックスしすぎて、だいたいそのまま寝てしまうことも多いですけどね。(-_-;)

(施術者の手が触れる)感覚に意識を集中する。
たったこれだけですが、より整体施術の効果を引き出せますよ。
お試しあれ。

整体施術のイラスト