コア

コアを活性化させる整体

体幹とかコアとか、最近はずいぶん身近な言葉になったと思います。
それから、インナーマッスルとか、インナーユニットとか。

今日はそのインナーユニットについて。

このインナーユニットが解剖学的に正しい位置にないことが、骨格筋系の体の不調の原因になります。

いっけん関係無さそうな、例えば手首の痛みとかでも、インナーユニットを調整すると痛みが取れるのが早いです
手首だけで動くのと、お腹からの力がサポートしてくれるのとでは、手首にかかる負担が違う訳です。

インナーユニットは、インナーマッスルである横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、で構成されています。

イメージとしては、下記のように、骨盤と背骨の周りで、上にフタのように横隔膜(膜といってもけっこう厚みがあります)、前には腹横筋(腹筋が割れるで有名な腹直筋、腹斜筋の奥にあります)、後ろには多裂筋(施術時にアプローチする筋肉です)、下には骨盤底筋群(骨盤隔膜、恥骨から尾骨へつながる筋)となります。

インナーユニット

骨盤と脊柱周りで、コルセットみたいな役目をする筋肉です。
したがって、コルセットを使い続けると、これらの筋肉が弱くなってしまいます。

このインナーユニットは不調の原因だけでなく、姿勢や呼吸にとっても、また、ぽっこりお腹の予防など、美容にとっても大切な筋肉になります。

当院では、整体施術後の姿勢矯正でインナーユニット(コア)の活性化を行います。