整体の適応外症状

今回は、腰痛と肩こりの「適応外症状」についてです。
例えば、骨折などの外傷の時はすぐに病院へ行きますし、発熱や嘔吐などでも病院に行くと思います。

下記は、整体でも良いのかな?と迷われた時にご参考下さい。

危険な腰痛

・安静時痛がある。例えば、ぎっくり腰でも、横向きでエビのような姿勢でじっとしていると、痛みがやわらぎます。そういうふうに、一番楽な姿勢になっても、痛みが変化しない場合。

・夜間痛がある。ただし、寝返りを打った時の痛みは夜間痛ではなくて、「動作痛」なので、こちらは整体の適用症状になります。

・腰の痛みがだんだんひどくなる。

・足に力が入らない、尿が出ない。

危険な肩こり

・階段を登った時など、運動した時に肩に痛みを感じる。

・全身のだるさや熱っぽさを伴う。

・肩や首を動かしていないのに痛む。

・肩の痛みがだんだんひどくなる。

内臓系の病気からの、肩こりと腰痛

上記の症状にあてはまって、なおかつ下記のような箇所に痛みがある場合、すみやかに医師の診断を受けることをお勧めします。
診断の結果「異状なし」と言われ、それでも痛みがある場合、再び「整体」をご検討下さい。

狭心症、心筋梗塞、十二指腸潰瘍、急性大動脈解離、心筋梗塞、急性膵炎、膵臓がん、慢性膵炎、腎盂腎炎、腎結石、尿管結石