腱鞘炎の症状、原因、施術

腱鞘炎の症状

手首の親指側が痛み、腫れます。
親指を広げたり、動かしたりすると強い痛みが出ます。
仕事で手を多く使う方(男女とも)や、産後や更年期などの女性に多い症状です。

腱鞘炎のイラスト

腱鞘炎の原因

腱鞘炎は、とても「手首だけの部分的な症状」に思われるかもしれませんが、全身の歪みの影響が手首に出ていると考えた方が、根本的な改善につながります。

大きな筋肉のバランスが崩れる→痛みが出るのは別の小さな筋肉、というのが私の整体的な考えです。
そして、最終的には、大きな筋肉のバランスが崩れる原因→脳と体の通信伝達の不具合、ということになります。
つまり、痛みの出ている箇所と原因となっている箇所は違うということだけ覚えておいて下さい。

例えば、産後の腱鞘炎は、筋力が衰えた状態で、ホルモンバランスが崩れた状態で赤ちゃんを持ち上げたり抱えたりすることで、手首に負担がかかり、腱鞘炎になりやすくなります。
その時、全身の大きな筋肉が機能して(良い姿勢で)赤ちゃんを持ち上げることが出来たら、腱鞘炎になるリスクを最小限にとどめることが出来るはずですね。
余談ですが、
訪問整体をしていた時、産後の女性からの依頼が多かったのですが、手首に痛みを訴えられる方がとても多かったです。

ホルモンのバランスということでは、産後の腱鞘炎は、プロゲステロンという女性ホルモンも影響しています。

プロゲステロンは、出産時にゆるんだ骨盤や子宮を元に戻そうとするホルモンです。
それで、腱鞘が収縮して中を通る腱と摩擦して炎症を起こします。

更年期の腱鞘炎は、エストロゲンという女性ホルモンが減少して、腱や腱鞘炎の柔軟性がなくなり、摩擦しやすくなり炎症を起こします。

腱鞘炎の図

腱鞘炎の出る場所

腱鞘炎の図

腱鞘と短母指伸筋腱と長母指外転筋腱

腱鞘炎の図

 

ブナの木整体院の整体施術

原因が手首の使いすぎでも女性ホルモンの影響による場合でも、当院では、背骨の調整を行います。
背骨の調整で、自律神経のバランスを良くして、患部の痛みを和らげます。
産後や更年期などの、女性ホルモンの影響による腱鞘炎の場合は、特に自律神経のバランスを整えることが有効です。

同時に姿勢を矯正することで、日常的に痛みの出ない姿勢を覚えていきます。また姿勢が良くなると、脳と体の通信伝達も良くなるので、自然治癒力が働きが高まり、治癒が早くなります。

腱鞘炎のセルフケア

肩こりに効く「3つのツボ」は腱鞘炎にも有効です。
上記でも言いましたが、痛みの出ている箇所と原因となっている箇所は違うので、腕のツボも刺激すると効果的です。
こちら、「肩こりに有効な3つのツボ」もお試しください。