腰痛

このような症状でお悩みではありませんか?

腰痛にも様々な症状があります。あなたは、どのような腰痛の症状でお悩みですか?

  • デスクワークや運転など、座っていると痛い
  • 朝起きると痛い、夕方になると痛い
  • 前かがみになると痛い、後ろに反ると痛い、体をひねると痛い
  • 寝ていると痛い、立ち上がる時痛い

症例

30代男性Sさん。Sさんは、長年の慢性腰痛でお悩みでした。定期的に急性腰痛(ぎっくり腰)の症状になることもあり、根本的に改善したいと当院にいらっしゃいました。

Sさんの腰痛は施術回数としては3回で軽減しました。

ですが、施術間隔を空けると、また痛みが徐々に出てくるようになりました。痛みが出ない程度に施術間隔を調整して頂くと、施術回数7回でSさんの腰痛は消失しました。

その後、3週間ぐらいの間隔でメンテナンスで定期的にご予約して頂いておりますが、その都度、骨盤と背骨の歪みを調整をすることで、腰痛の再発の予防になっているようです。

一般的な腰痛の原因

坐骨神経痛、脊柱管狭窄症など、骨や神経が原因以外の腰の痛みが「一般的な腰痛」になります。

「一般的な慢性腰痛」の正式名称は筋・筋膜性腰痛とも言います。(急性腰痛の場合はいわゆる「ぎっくり腰」です)

原因は腰の筋肉の疲労物質や血行不良による筋肉のコンディション不良です。回復しないままダメージを受け続けた腰は、慢性腰痛となります。

最近では心的要因も腰痛の原因とされています。(自律神経のバランスが崩れると、血流が悪くなるため)

また、ほとんどの腰痛の方は肩こりもお持ちです。特に男性の場合は、肩こりに自覚の無い人が多いですが、肩こりもあるということは、姿勢に問題があるということです。

例えば下図のような猫背姿勢では、

背中と腰が丸くなり、腰の筋肉が上図の矢印のように、上にも下にも引っ張られて伸ばされています。

さらに、お尻の筋肉が、椅子と坐骨にはさまれているので、股関節の動きも制限され、腰への血流がますます悪くなります。

疲労物質がたまり痛みが出やすくなるのです。

腰痛の整体

上の図のような姿勢が原因の腰痛の方は、足の裏、ふくらはぎ、太もも裏に圧痛(押すと痛い)があります。

当院では骨盤と背骨を調整して、歪みを改善します。

骨盤と背骨の歪みが改善されると、神経の流れが良くなり、自然治癒力が高まります。自然治癒力を高めることで、筋肉の炎症が治りやすい体になります。

結果として、現在の腰痛の治るのが早くなるということです。(発症して間もない腰痛、または軽い腰痛であれば、一回の調整で痛みが消失することもあります)

加えて、再発防止と早期回復のために、姿勢の矯正も行います。