木陰の癒し

暑くなりましたが、私は天童の運動公園でウォーキングするのが日課です。
(腰掛庵のかき氷も始まったみたいですね)

「頭を正しい位置において、やや顎を引いて」という姿勢で歩きます。
患者さんへの姿勢矯正を、歩きながら確認します。

歩きながらも、ついつい仕事の事を考えてしまいますが、考えごとをしながら歩くと、気分はスッキリしないですね。

考え事をしていることを認めると、考え事がストップします。
それから意識を感覚に集中すると、気分がスッキリします。

↓公園で見つけた木陰のコレクションです。

木陰の画像木陰の画像木陰の画像

木陰は、ちょうど良い天然クーラーです。
木陰が涼しいのは、木の葉から水が蒸発する時、周りの温度を下げるからです。

暑い中を歩いていても、木陰に入ると癒されます。
緑の中にいると、いつも落ち着きます。
(整体院の屋号も、ブナの木です)

前世はドングリだったかな。

哀愁カピバラ哀愁カピバラ

髪型は今もドングリみたいだけどな。

ブナの木整体院という名前を考えた時も、ブナの遊歩道の木陰をイメージしていました。

ブナの遊歩道の画像

木陰のような癒しのある整体院でありたいものです。

哀愁カピバラ哀愁カピバラ

はい、うまくまとめました。