オズグッドの症状と原因、施術

オスグッド病の症状

膝(膝の下)の痛み、腫れ、熱感。

オズグッド病のイラスト

オスグッドの原因

膝の下の大腿四頭筋の付着部の炎症。下図は、その大腿四頭筋のイラストです。どの筋肉も膝を通って、膝下に付着しています。
その付着部の膝下が、成長期でまだ不安定な状態で起こる痛みです。

大腿四頭筋のイラスト大腿四頭筋のイラスト大腿四頭筋のイラスト大腿四頭筋のイラスト

スポーツでは、陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、といった競技でなりやすいようです。

膝は触りません

膝は炎症を起こしているので、当院の施術では膝を触らずに膝の痛みを取っていきます。

脚の連動性を高める

膝だけに負荷が集中しないように、脚の連動性を高める必要があります。
当院では、変形性膝関節症の患者さんにも好評の、脚の連動性を高めるエクササイズを行います。
脚の連動性を高める時、ポイントとなるのは股関節と足関節と足の指です。

脚の連動性のイラスト

オスグッドの、ブナの木整体院での施術について

背骨の調整をメインに行います。これだけで痛みがだいぶ変化します。
そして他の症状の患者さんと同じように、施術効果が長続きするように姿勢の矯正を行います。

オスグッドには安静が第一です。
ただスポーツをやられているお子さんは、なかなか自然治癒するまで待っている時間はないと思います。

背骨を調整すると治癒力が高まり、オスグッドの治りが早くなります。
また、姿勢が良くなると再発防止にもなります。