姿勢と痛み

姿勢が原因で出る痛み

下記は当院の施術前と施術後の画像です。
(患者さんに了解をいただき掲載しています)

姿勢の変化の画像

施術前の重心が「前のめり」になっているのが分かると思います。
話しをお聞きすると、この「前のめり」姿勢の原因は、日常的な疲労の蓄積のようでした。

このような姿勢では、下記の3カ所に痛みが出やすいです。

姿勢と痛みの画像

  1. 首(自律神経失調症、頭痛、肩こり、背中の痛み)
  2. 腰痛(坐骨神経痛)
  3. 膝痛

最初は膝痛

この患者さんの、最初の主訴は、「膝痛」でした。
一回の施術で、膝の腫れ痛みともにかなり改善して、患者さんは驚かれたようでした。
(私も驚きました、笑)

次は腰痛

膝の痛みが全く気にならなくなった時、今度は「腰が重苦しい」という主訴になりました。
通常、いきなり膝痛にはならないのですね。

骨盤の歪み経由で膝に負担がかかるようになるので、膝痛と腰痛はセットです。
ただ膝の痛みの方が強いので、腰の痛みに気が付かないのです。

最後は肩こり

膝痛も腰痛も良くなった時、今度は「肩こり」という主訴になりました。
患者さんに、膝痛と腰痛になる前の記憶をたどってもらいました。

膝痛と腰痛の出る前、最初に肩こりがありませんでしたか?と。
答えは「あったかもしれない」というものでした。

主訴は過去にさかのぼる

この患者さんは、少ない施術回数で、膝痛→腰痛→肩こりと主訴の変化を繰り返しました。
主訴の順番を、過去にさかのぼって行ったのです。
そして、最終的には「肩こりが出る前の、昔の自分」に戻ったということです。

現在では、1か月に一度程度のメンテナンスで、安定した姿勢をずっと保っていらっしゃいます。

もう痛みは出ていませんが、予防のために通って下さっていて、まわりの人からも姿勢が良くなったと言われるそうです。