脳幹と自律神経

脳幹と自律神経

脳幹

脳幹は心臓を中心とした血液循環、血圧、呼吸、嚥下といった生命活動の基本を司る中枢です。

脳幹のイラスト

脳の幹(みき)と書いて、脳幹(のうかん)と読みます。
木の幹のように立ち、脳の中心で大脳を支えているので、脳幹です。

脳幹は、中脳、橋、延髄からなります。
(中脳の上部にある間脳を脳幹に含める場合もあるようです)

脳幹と自律神経

脳幹には生命維持にかかせない自律神経の中枢があります。
したがって、脳幹の働きが悪いと自律神経のバランスが崩れやすくなります。

脳幹の中には、神経の束が通っていて、それが脊髄へとつながっています。
脊髄は背骨の脊柱管の中を通っています。

脊髄の画像

背骨に歪みがあると、脊髄から脳幹への神経伝達が悪くなるので、自律神経のバランスも崩れやすくなるということです。

自律神経のバランスは、体全体のバランス

当院には、自律神経のバランスを崩されている方が多くいらっしゃいますが、皆さん背中に独特の触感があります。
そして背骨が固まり、歪みが発生しています。

脳幹の働きを良くするには、背骨の歪みを無くし、背骨を柔軟にすることが必要です。
また、骨盤が歪めば、連動して背骨も歪みますし、足を捻挫すれば骨盤が歪みます。

このことから、体全体が「解剖学的に正しい姿勢」であることが、脳幹の働きを良くし、自律神経のバランスを良くすることになります。

また脳幹の働きが良くなれば、脳と体の神経伝達がスムーズになるので、自然治癒力が働きやすくなるということです。

前の記事

姿勢矯正

次の記事

むち打ち症