姿勢矯正

ブナの木整体院の姿勢矯正

姿勢矯正は脳の修正から

下図の骨格イラストをご覧下さい。

骨格図2のイラスト
頭は、意外と後ろにふくらんでいます。(赤線)
首の骨は耳の下あたりにあります。

首の骨を頭の後ろにイメージしている人が多いです。(青線)
でもその場所にあるのは、骨ではなくて筋肉なのです。

筋肉は素直

筋肉は、脳に「君は骨だ」と言われると、筋肉は筋肉なのに「ボクは骨なんだ」と思ってしまいます。

そして骨のように固くなります。

これが、体の痛みや不調の始まりです。

でも脳が「ごめんごめん、君はやっぱり筋肉だった」と修正すると、筋肉は「やっぱりボクは筋肉なんだ」と筋肉らしく柔軟になります。
そして、体の痛みや不調がやわらぎます。

ストレッチや腰痛体操の前に

現在の辛い症状を楽にするために、ストレッチや腰痛体操を行うのはとても大切です。
ただそういったセルフケアを行う前の段階として、体に対する正しいイメージを持ち、姿勢を矯正することが必須です。

効果的なストレッチや腰痛体操を行っても、日常的な姿勢が崩れていては効果は期待できません。
また、姿勢の崩れた状態でストレッチや腰痛体操を行うと、逆に体を痛めてしまうことにもなります。

ブナの木整体院の姿勢矯正

当院では、「脳の勘違い」による体の誤ったイメージを修正することから始めます。
例えば、上図の首の骨の位置を正しくイメージするだけで、首の後ろが柔軟になったりするのです。
その状態からストレッチ等を行えば、安全で効果的です。

なお姿勢矯正は、骨盤、背骨、頭蓋の矯正後、体が緊張から解放された状態で行います。

前の記事

僧帽筋とストレス

次の記事

脳幹と自律神経