大後頭神経痛でお悩みではありませんか?

大後頭神経痛

第三の頭痛

大後頭神経痛は、頭の神経痛で「緊張型頭痛」「片頭痛」に次いで、「第三の頭痛」と言われています。

このような症状でお悩みではありませんか?

頭の神経痛は他に、大後頭神経痛より外側が痛む「小後頭神経痛」耳の外側が痛む「大耳介神経痛」があります。痛みは、頭皮がひきつるようなピリピリ、チクチクする痛みですが、人によっては激痛の場合もあります。

また肩こり等が原因の緊張型頭痛が、鉢巻を締め付けるように痛むのに対して、大後頭神経痛は下図のように、縦方向の大後頭神経に沿って(頭の中心から役2.5㎝ぐらい横)痛みが出ます。

大後頭神経痛のイラスト
(「メディカルイラスト図鑑」より)

原因

精神的ストレスと身体的ストレスが原因と言われています。精神的ストレスにより、脳内物質(セロトニン、ノンアドレナリン)が減少し、神経が過敏になります。また日常的な不良姿勢により、身体的なストレスにより、神経が圧迫されたり、伸ばされたりして痛みが出ます。

大後頭神経痛の整体

大後頭神経痛は頭部を押すと痛みがあるので、痛みの強さ、場所、左右差、等を確認します。

下図の範囲にアプローチします。

 

ブナの木整体院で施術する箇所のイラスト

骨盤から背骨、後頭骨と整体することによって、背骨の中の脊髄神経の流れが良くなります。中枢神経である脊髄の流れが良くなれば、末梢神経の自律神経の流れも良くなります。

整体ではまず、背骨の歪みの少ない状態を作り、それを姿勢指導で日常的にも定着させます。痛みはすぐに取れる場合もあれば、改善まで時間がかかる場合もあります。

これはどの慢性痛でも同じですが、まずは歪みの少ない状態を作ることと、その状態を定着させること、これが根本改善になります。

セルフケア

セルフケアとして正しい姿勢の矯正を行います。ただしこの神経痛の方は、すでに過剰なストレスにさらされていることが多いので、最初はストレスを感じない程度の姿勢の矯正を行います。

前の記事

気象病、天気痛

次の記事

僧帽筋とストレス