気象病、天気痛

気象病、天気痛(低気圧による体の不調)

低気圧で神経が過敏に

台風が近づいていますね。
低気圧の影響で体に不調が出る時があります。

低気圧の影響で辛くなる症状は、耳鳴り、めまい、頭痛、喘息、腰痛、関節痛、リウマチ、自律神経のバランスの乱れ、などなど様々です。

私自身はといえば昨日ぐらいから腰が「どんより」しています。
苦しい、痛いという程ではないですが、天気と同じで「どんより」という感じです。

低気圧になるといわゆる「古傷」などの痛みが出やすいのは、痛みが出るというより、神経が痛みに対して過敏になるからなのでは?と考えてみます。

低気圧で体がむくむ

気圧が低いということは、体が外部から押される力が弱まるということですよね?
そうすると、体の中の血管が膨張して、血液の流れが悪くなるのではないでしょうか。
血液の流れが悪くなると、「水はけ」が悪くなるので、体がむくみやすくなります。

対処としては、「血液の循環を良くする」「体の冷やさない」などがあります。

そして、上記の2つを同時に行える「入浴」が効果的かと思います。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。

入浴するカビバラの画像

そして、すでに痛みや辛さが出ているのであれば、整体をご利用するのも良いのではないでしょうか?
血液の循環を良くすることが、痛みや辛さの改善になります。
低気圧による体の不調にも、ブナの木整体院をご利用下さい。

天気と人の心

天気で体調が変化するということは、人間も自然の一部だということですね。
特に人の心なんて、天気そのものじゃないですか。
晴れ、雨、曇り、とは天気だけじゃなくて、人の心の状態も表現できる言葉ですね。
そして、「雲の上はいつも晴れ」なんていう名言もあります。

次の記事

大後頭神経痛