エアコン寝は、鼻呼吸で

エアコン寝は、鼻呼吸で

昨日の夜は暑かったですね。
エアコンをつけたまま寝た人も多いのではないでしょうか?

エアコン寝のイラスト

エアコンをつけたまま寝て体がだるくなったり、風邪をひくのは、口呼吸が原因かもしれません。
そこで、このタイミングでまた、「正しく鼻呼吸すれば病気にならない」を紹介します。

正しく鼻呼吸すれば病気にならないの画像

整体と口呼吸、鼻呼吸って、あんまり関係なさそうですが違います。
筋肉、体の歪み、姿勢等、整体にとって重要なキーワードには、すべて「呼吸」が大きく関係しているのです。
そして日常生活で正しい呼吸とは?(解剖学的に正しい呼吸とは?)と考えると、鼻呼吸になります。

例えば姿勢と呼吸の関係だと、顎が上がると口呼吸になりやすく、顎を引きすぎるとTCH(歯列接触癖)になりやすいかと思います。

顎が正しい位置にあると、唇は閉じているけど歯は接触しないという、口も歯も正しい位置になりやすいです。
そして、その時舌は上顎のへこんでいるところにくっついているのが良いそうです。(下図)

舌の正しい位置

(みらいクリニック様のサイトより転載)

口にテープとあいうべ体操から、だいたい半年

毎日ではありませんが、思い立った時は、私も口にテープを貼って寝てます。
そのおかげかどうかは分かりませんが、今年の冬は風邪をひきませんでした。

それと、入浴中はほぼ毎回あいうべ体操しています。
日常的に舌が上顎にくっつくようになり、口呼吸が少なくなりました。

前の記事

呼吸と自然治癒力

次の記事

古傷と治るスイッチ