おすすめエキササイズ「ピラティス」

おすすめエキササイズ「ピラティス」

当院の本棚にはピラティスの本が10冊ぐらいあります。
一般向けの本もありますが、下記のようなピラティス指導者向けの本もあります。

ピラティス本の画像

私が自身のトレーニングの時使う時もありますが、筋肉の動きやつながりなど勉強にもなります。
また、姿勢を改善する時のアドバイスとして参照する時もあります。

実は私も、整体の仕事を始めてまもなく、ピラティスのインストラクターを目指していた時期がありました。
整体で症状を楽にして、ピラティスで症状の予防を、と考えていたのです。

ピラティスする人のイラスト

当時、「あと5キロやせて、インストラクター講座に申し込もう」と考えていたのですが。
逆に5キロ太ってしまうという予想外の展開がありました。(-_-;)
したがって現在は、ピラティスインストラクターになる野望は凍結中です。

10キロやせたら、また考えてみたいと思います。
ダイエットするぞー、明日から。(笑)

おすすめのエキササイズはありますか?

さて整体院では、患者さんから「おすすめのエキササイズはありますか?」と時々聞かれます。
ストレッチ、体幹トレーニング、ヨガ、ピラティス等、たくさんあり、どれも素晴らしいと思います。
そして、どれかひとつと言われれば、私は「ピラティス」をおすすめしています。

ピラティスには、体を痛めないという考えがある

ピラティスは元々は創始者であるジョセフ・ピラティスが負傷兵のリハビリから考案したエキササイズです。
現代のピラティスでも、動きの初めに必ず骨盤を安定させるなど、体を痛めないという考えがあります。
もちろん激しい痛みや炎症がある人は禁忌ですが。
もっともそういう状態の人は、体を動かそうなんて思わないですね。

ヨガはできる範囲で、工夫をしながら

ヨガは、私も以前ヨガ教室に通っていた時もあって、素晴らしいものであることは間違いないのですが、体に痛み等がある場合は、状態に合わせてできる範囲で行う必要があると思います。

たとえば、「安らぎのポーズ」という仰向けで寝て脱力する有名な(とても気持ち良い!)ポーズがありますが、腰痛のある人は、仰向け姿勢は辛いです。
膝を立てて、膝の下にクッション入れるとだいぶ楽になるので、そういった工夫をしながら行うと良いと思います。

ブナの木整体院では、「コア腹式呼吸法」

当院ではピラティスの指導を行っている訳ではありませんが、当院の「コア腹式呼吸法」はピラティスをヒントにしました。
腹式呼吸法なので、ヨガ的な要素もあります。

マインドフルネス瞑想で腰痛が治った

それから、体を動かすエキササイズではないですが、マインドフルネス瞑想もおすすめです。
マインドフルネス瞑想で腰痛治りました、という話しは良く聞きます。
興味がある人はぜひお試し下さい。

大切なのは、治るスイッチを「ON」にすること

ピラティスとヨガとマインドフルネス瞑想、そして整体。
全てに共通することがあります。
それは自然治癒力、体の治るスイッチを「ON」にするということでです。