肩こりに有効な3つのツボ

肩こりのツボ

肩こりと腕の重さ

例えば、腕にいつも重たい荷物を持っていれば肩が凝ってしまいます。それと同じ理由で、腕の血行が悪ければ腕が重くなり(老廃物がたまる)、肩に負担がかかり肩が凝ります。

肩こりに有効な、腕の3つのツボ

肩こりに関連する経絡(けいらく→ツボの並んだライン)のひとつに、大腸経(だいちょうけい)という経絡があります。大腸経の中には、肩こりに効果のある3つのツボがあります。また、ツボのある場所に関係なく、下図のラインのように、指先から肩の方へ、腕をもむだけでも、肩こりに効果があります。

また呼吸筋にもつながる経絡なので、呼吸を深め、リラクセーションをうながす効果もあります。当院でも、整体施術の最初に、必ずアプローチする経絡です。(肘から上)

腕の大腸経

ツボの押し方、探し方

ツボの押し方

合谷(ごうこく)→手の三里(さんり)→曲池(きょくち)の順番で、肩から離れた場所から刺激を入れていきます。

押す方の親指の腹をツボに密着させて3秒間押して離します。1か所3秒間押して離すを10回行います。

※ツボ押しは、呼吸と合わせるとより効果的です。押す時→息を吐く、離す時→息を吸う

肩こりに効くツボ

ツボの探し方

合谷
手の甲を上にして、指を開きます。親指と人差し指の間のくぼみ。押すと、じーんと響きます。

手の三里
肘を曲げた時にできるシワから、手の方向に指3本分くらいのところ。

曲池
肘を曲げた時にできるシワの先端。

※場所が正確でなくても大丈夫です。ツボ近辺の「なんとなく他よりイタ気持ち良い場所」を刺激してみて下さい。

片方の腕のツボ押しが終わったら、まだ行っていない方の腕と、肩の高さを比べてみてください。ツボ押しした方の肩が緩んで、少し下がったような感覚になったら、腕に良い刺激が入った目安になります。(肩は揉んでいないのに、腕のツボを刺激したら肩が緩んだということです)

前の記事

ストレートネック