変形性股関節症でお悩みではありませんか?

変形性股関節症

このような症状でお悩みではありませんか?

股関節の痛み、でん部や太ももの痛み。可動域の制限、筋力の低下などによる跛行。進行の程度によって、症状も変化していきますが、このような症状でお悩みではありませんか?

原因

変形性股関節症のほとんどが「臼蓋形成不全」が原因で発症するといわれています。臼蓋形成不全とは、大腿骨頭が臼蓋部分にしっかりはまっておらず、ぶつかる部分が炎症を起こしてしまいます。

そして進行すると、変形性股関節症になります。下図は、左が正常な股関節、右が変形性股関節症です。

変形性股関節症のイラスト

変形性股関節症の整体

当院の変形性股関節症に対する整体では、背骨を中心とした姿勢の調整で神経の流れを良くして自然治癒力を上げて、痛みの出にくい体作りをするとともに、運動療法で脚の可動域を広くして、歩き方もよりスムーズになるような整体を行います。

すでに人工関節等の手術を終えた方が定期的なメンテナンスとして通われていたり、手術を行わなわずに済むように通われていたりと、様々な症状の方に通院頂いておりますので、それぞれの症状に合わせて、運動療法をご指導しております。

股関節とは骨盤と脚の関節なので、腰痛があったり膝痛が同時にあったりする方が非常に多いです。筋肉の動きの連動という点では、肩甲骨とも連動するため、股関節の痛みのある対角の肩甲骨の周りが固くなっている、という方も多いです。

変形性股関節症も、膝関節と同じで、股関節の動きの悪さを、膝(膝も同時に傷めている人も多いですが)と足首、足の指でカバーできるような動きを覚えます。下記、中臀筋(ちゅうでんきん)という筋肉も弱くなっているので、痛みが出ない範囲で動かすことも大事です。

中臀筋のイラスト

脚(太もも)を上げる可動域を大きくするには、腹部の深層筋の調整も大事です。

コア

合わせて、下記の大腰筋も調整します。大腰筋とは、大腿骨と脊柱をつないでいる筋肉です。骨の変形を元に戻すことは難しいですが、筋肉の状態なら変えられます。その筋肉の変化が、股関節の動きをとても楽にします。

大腰筋、腸骨筋のイラスト