体を反らすと痛い腰痛

体を反らすと痛い腰痛

体を反らしたり捻ったりすると痛い腰痛は、主にヤコビー氏線(骨盤の一番高い所を横に結んだ線より下の方、下図)に痛みが出る。
腰椎の4番5番椎間関節と、5番仙骨椎間関節に圧痛(押すと痛む)が出やすい。動きの検査では、後屈(体を反らす動き)で痛みが出やすい。
椎間関節性腰痛とも言います。


体を反らすと痛い腰痛の原因

背骨は、ひとつひとつが関節になっていて、滑らかに動くのですが、関節の血液循環が悪くなると、関節周囲のスジ(関節包や靱帯、下図)がこわばったり、炎症を起こしたりします。それが原因となり、反らす動きで痛みが出ます。

椎間関節

姿勢と腰痛

また、デスクワークの作業中、下図のように、椅子に浅く腰かけて、骨盤が後ろに倒れた座り方をしてしまう人って多いのではないでしょうか?

姿勢が悪い女性のイラスト

こういった姿勢は、体を反らすと痛い腰痛(椎間関節性腰痛)の原因になります。

こういった姿勢による骨盤の歪みは、腰痛だけでなく、肩こりや自律神経など、様々な症状の原因にもなります。
(そのため、ブナの木整体院では、必ずこの姿勢の矯正を行うようにしています)

体を反らすと痛い腰痛に関係する筋肉

「腸腰筋」というインナーマッスルが硬くなっています。

上の腸腰筋からつながる、脚の前側の筋肉、「大腿四頭筋」も硬くなっています。

大腿四頭筋のイラスト 大腿四頭筋のイラスト 大腿四頭筋のイラスト 大腿四頭筋のイラスト

ブナの木整体院での整体施術

骨盤と背骨の調整で痛みを緩和し、自然治癒力を高め、回復を促進させます。
自然治癒力を高めるので、対処療法ではなく根本療法になります。

また姿勢を矯正することで、治癒を早め、痛みの再発予防になります。

施術後は、検査箇所の痛みの変化で、腰痛の改善を実感して頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

五十肩